2018.06.29 Friday 09:10

ニルソンデザイン「縄文ZINE 8」

|冬營舎の本棚より|

 

 

1万年以上続いたといわれる縄文時代。その縄文をテーマにしたフリーマガジンです。

今号の特集は恋する縄文。縄文土器をモチーフにしたヘアアレンジも載っていたり、コアな内容です。

 

ニルソンデザイン「縄文ZINE 8」 

2018年6月

FOR FREE ※新刊リトルプレス

4〜7号は閲覧用のみです。

 

縄文ZINE

 


 

  • - | - |

2018.06.24 Sunday 14:52

BOOK在月実行委員会 「BOOK在月book」

|冬營舎の本棚より|

 

 

松江を本の街にと、さまざまなブックイベントを開催しているBOOK在月(ありづき)。

なかでも毎年10月の最終土曜日に開催される一箱古本市をメインイベントとした「BOOK在月」は、毎年多くの人で賑わいます。
その10月のイベントに併せて年一回発行されるのが「BOOK在月book」。現在5号まで発行されています。
冬營舎の駄文が掲載されているため、恥ずかしくて店の片隅でひっそりと販売しておりましたが、この度BOOK在月のサイトで通信販売が開始されましたので勇気を出して宣伝します。収益はBOOK在月の活動資金になります。
遠方の方はどうぞBOOK在月公式WEBSHOPをご利用ください。

 

BOOK在月実行委員会 「BOOK在月book3」 

2015年10月

¥500(税込み) ※新刊リトルプレス

リレーエッセイ本棚(磯谷奈緒子・イノハラカズエ・伊達淳・浜田真理子)/さんいん本棚図鑑/南陀楼綾繁の「本と遊べば3」/本にできること/本とまちのデザイン 他

一箱古本市の提唱者で、ライター兼編集者の南陀楼綾繁さんの山陰中央新報連載の転載など。さんいん本棚図鑑に冬營舎が紹介されているほか、冬營舎の駄文も掲載されています。

表紙は、お店もご主人も今はなき、雑賀町の貸本屋かっぱ書房。

 
BOOK在月実行委員会 「BOOK在月book4」 

2016年10月

¥500(税込み) ※新刊リトルプレス

わたしの松江(浜田真理子他)/「松江日乗 古本屋差し入れ日記」/さんいん本棚図鑑2/南陀楼綾繁の「本と遊べば4」他

冬營舎の差し入れ日記が掲載、さらに表紙は冬營舎。お恥ずかしいかぎりです・・・。

 

BOOK在月実行委員会 「BOOK在月book5」 

2017年10月

¥800(税込み) ※新刊リトルプレス

喜多行二の「海底の花」と鮎川信夫の「遙かなるブイ」/「続・松江日乗 古本屋差し入れ日記」/浜田真理子「風に吹かれて マリコのご機嫌さんで」/南陀楼綾繁の「本と遊べば」他
「喜多行二全詩集成」を編まれた田中廉氏による詩論、松江在住のミュージシャン・浜田真理子さんの毎日新聞連載エッセイの転載と内容もボリュームも増えたこの号は、お値段も少々上がっております。一部に好評のため、冬營舎の差し入れ日記の続編が掲載されています。
表紙画はサボテンBOOKSのショーイチ画伯。

 
※3冊まとめてお得なセットもあります。book1、book2は売り切れです。

 


 

  • - | - |

2018.06.11 Monday 09:29

「詩誌 践草詩舎 3号」

|冬營舎の本棚より|

 

 

践草詩舎 「詩誌 践草詩舎 3号」 

2018年4月

¥300(税込み) ※新刊同人誌 

 1956年出雲で創刊され、60年の歴史に幕を閉じた詩の同人誌「光年」。その「光年」の後継誌が、この「践草詩舎(せんそうししゃ)」です。サブタイトルにあるように、詩だけでなく詩論やエッセイも掲載されています。2号から有料となりました。

この3号では、新らたな同人2名が加わり作品を発表しています。

「践草詩舎」では新しい同人を募集中です。践草詩舎または冬營舎までお問い合わせください。

また、バックナンバーも引き続き冬營舎で取扱いしております。

 

 

践草詩舎 「詩誌 践草詩舎 2号」 

2017年12月

¥300(税込み) ※新刊同人誌


 

 

践草詩舎 「詩誌 践草詩舎 創刊号」  

2017年8月

無料  ※新刊同人誌

 

 

坂口簾詩集 「鈴と桔梗」 書肆山田

2018年

¥1800+税 ※新刊

践草詩舎同人の坂口簾氏の詩集。



 

  • - | - |

2018.06.04 Monday 09:18

成合明彦「宍道湖風景」

|冬營舎の本棚より|

 

 

 

成合明彦写真集 「宍道湖風景」  蒼穹舎

2018年3月

¥2300 +税 ※新刊

 

松江在住の写真家成合明彦さんの最新作。初のカラー写真集です。

 


 

  • - | - |

2018.05.26 Saturday 09:19

野田きりん 「ネムリの国ものがたり ストロベリーフィールズコーヒー篇 改訂版」

| 冬營舎の本棚から |

 

 

野田きりん 「ネムリの国ものがたり ストロベリーフィールズコーヒー篇 改訂版」

2018年5月

¥300 ※新刊リトルプレス

松江に実在するお店や人物をモデルにした連作小説。

 

先日「ネムリの国ものがたり」の新作「直の家篇」が届いたばかりですが、これまでの5作品は加筆修正して、新たに生まれ変わらせるご予定だという野田さん。

早速「ストロベリーフィールズコーヒー篇」の改訂版が届きました。モデルは伊勢宮のイマジン.珈琲店です。

あとがきも加わって、すでにお持ちの方も楽しめますよ。

 

野田きりん


 

  • - | - |

2018.05.04 Friday 08:57

野田きりん 「ネムリの国ものがたり 直の家篇」

| 冬營舎の本棚から |

 

 

野田きりん 「ネムリの国ものがたり 直の家篇」

2018年5月

¥300 ※新刊リトルプレス

松江に実在するお店や人物をモデルにした連作小説。

最新作は、1月のヒトツキ古本屋に登場してくださった「染織 直と青」さんがモデル。糸の色はもちろん藍色。

これまでの5作品は加筆修正して、新たに生まれ変わらせるご予定だそうです。
冬營舎に届きましたらこのブログでお知らせしますので、こちらもどうぞお楽しみに。

 

野田きりん


 

  • - | - |

2018.04.21 Saturday 09:12

伊東昌信 「EYE No.12」

| 冬營舎の本棚から |

 

伊東昌信 「EYE No.12」特集 one's

2018年3月

¥1500 ※新刊

伊東昌信さんの発行するフォトマガジン。

今号は米子のブティックone'sの特集。オーナー女性にまつわる人々200人のポートレートです。

発行・編集人:伊東昌信

 http://www.nob-ito.com


 

  • - | - |

2018.03.23 Friday 20:33

千葉ユウキ写真集 「heart burn」

|冬營舎の本棚より|

 

 

千葉ユウキ写真集 「heart burn」  

2018年

¥500 ※新刊リトルプレス

先日ご案内した「森と畑と牛と β」の表紙と巻頭ベージの写真を撮られた、千葉ユウキさんの小さな写真集です。


 

  • - | - |

2018.03.10 Saturday 17:08

「森と畑と牛と β」

|冬營舎の本棚より|

 

 

「森と畑と牛と β」 

2018年

¥600+税 ※新刊リトルプレス

雲南の山村で、焼畑などの伝統農法による耕作放棄地の再生、在来作物や植物利用文化の調査研究などを行っている団体「森と畑と牛」が手がけるリトルプレス創刊準備号です。

発行人:大石亘太 編集人:面代真樹

森と畑と牛と

 


 

 

  • - | - |

2018.02.01 Thursday 09:32

坂口簾 「鈴と桔梗」

|冬營舎の本棚より|

 

 

坂口簾詩集 「鈴と桔梗」 書肆山田

2018年

¥1800+税 ※新刊

昨年「喜多行二全詩集成」を編まれた坂口簾氏の詩集です。

 

 

坂口簾編集 「喜多行二全詩集成」 光年の会

2017年

閲覧用 ※新刊

60年前、故・喜多行二氏とともに「光年」を創刊した坂口簾氏が、散逸した喜多氏の作品を一年かけて探し出し編集した全詩集成です。

非売品ですが、希望者には実費で頒布しますとのこと。光年の会または冬營舎までお問い合わせください。

 

 

 

「光年 151号 終刊号」  光年の会

2017年

¥300(税込み) ※新刊同人誌 

1956年出雲で創刊された詩の同人誌「光年」。この151号をもって終刊となりました。特集は創刊者の故・喜多行二。

「光年」は終刊になりましたが、松江の同人を中心に「践草詩舎」という新同人誌が誕生しています。詩以外に評論やエッセイも掲載。新しい同人を募集中です。


 

  • - | - |

2018.01.24 Wednesday 19:26

藤岡亜弥写真集 「川はゆく」

|冬營舎の本棚より|

 

 

藤岡亜弥写真集 「川はゆく」 (赤々舎)

2017年6月

¥5000 +税  ※新刊(閲覧用/貸出不可)

原爆が投下されてから70年以上たった今の広島を撮った写真集です。

第27回 林忠彦賞受賞

第43回 木村伊兵衛賞受賞

 

 藤岡亜弥さんより:「広島市内には七つの川が流れていて、私は毎日、川を見ながら生きている。 」

 


 

 

 

  • - | - |

2018.01.23 Tuesday 18:28

「詩誌 践草詩舎 2号」

|冬營舎の本棚より|

 

 

践草詩舎 「詩誌 践草詩舎 2号」 

2017年12月

¥300(税込み) ※新刊同人誌 

 1956年出雲で創刊され、昨年60年の歴史に幕を閉じた詩の同人誌「光年」。その「光年」の後継誌が、この「践草詩舎(せんそうししゃ)」です。サブタイトルにあるように、詩だけでなく詩論やエッセイも掲載されています。2号から有料となりました。

「践草詩舎」では新しい同人を募集中です。践草詩舎または冬營舎までお問い合わせください。

 

 

践草詩舎 「詩誌 践草詩舎 創刊号」  

2017年8月

無料  ※新刊同人誌

 


 

  • - | - |

2017.12.20 Wednesday 09:00

橘いずみ 「DOOR」

|冬營舎の本棚より|

 

 

出雲在住の橘いずみさんの詩集

扉をひらくと、書き手と読み手との間にひとつの行為が介在するしかけになっています。
橘さんは、思潮社の「現代詩手帖」2017年2月号に作品が掲載されているほか、時々詩のワークショップも開催されています。  

 

「DOOR 2016」  

2017年 私家版

¥2300 +税 ※新刊

 

 

*********************
古本 冬營舎

〒690−0845 島根県松江市西茶町90−8
TEL   0852−67−1653
Email   books.toeisha@gmail.com
営業時間:昼12時ごろから夜8時ぐらいまで 

不定休(休み等はこのブログでお知らせしています) 

営業日・営業時間のお知らせ

*駐車場はございません

−− COFFEE & BEER −−

 


 

  • - | - |

2017.09.13 Wednesday 15:38

成合明彦「遙かなる河」他

|冬營舎の本棚より|

 

 

松江在住の写真家成合明彦さんの写真集を、期間限定で冬營舎で手にとってご覧いただけます。

購入希望の方は当店までお問い合わせください。

 

 

「遙かなる河」  蒼穹舎

2015年

¥3500 +税 ※新刊

 

 

「松江風景」  蒼穹舎

2008年

¥3200 +税 ※新刊

 

 

「空を見上げた日」  蒼穹舎

2006年

¥3200 +税 ※新刊

 

 

「松江発 No.1〜NO.4」  私家版

2009〜2012年

各¥500 +税 ※新刊

 

 

「揺れる彼方」  私家版

1997年

¥3000 +税 ※新刊

 

 


 

  • - | - |

2017.07.07 Friday 12:54

「SHIGOTO MAGAZINE」創刊号

|冬營舎の本棚より|

 

 

「SHIGOTO MAGAZINE」 創刊1号/2017年

横山啓吾(yokoyama design)

972円(税込み)  ※新刊リトルプレスです

「SHIGOTO」は、仕事であり、私事なのだそうです。

創刊号の特集は伊勢宮のイマジン.珈琲店。

 


 

  • - | - |

<<new | 1 / 5pages | old>>
 
PR
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
|営業時間|
|店休日|
|お知らせ|
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.